FC2ブログ

レザバト講座

レーザーバトラーをプレイする上での上達のコツとかうp。 基本的な動作から狙うところらへんまで。

目が疲れた。主に目が。
でも腰が痛い。全部痛いってことで解決した。

昼から夕方のプレイヤーのIN率が低すぎて困っている此の頃。
スポンサーサイト



このページのトップへ
接近戦のコツ
中級で45度間隔に入らなければ、レーザーを食らわないという説明をしました。
さて、ではどうすれば敵に自分のレーザーを当てられるでしょう?
それには心理戦で色々な方法があります。

①接近釣りsekkinn
①壁もない接近状態で敵と遭遇。
②左に動いて下から撃つ....。
③と見せかけて、手前で動くのを停止、相打ちを狙ってきた相手の誤射を誘う。
④下がって再装填を稼ごうとする相手を追い
⑤倒す。

必ず同じ動きをするとは限らないですが、逆に「上に移動し斜めに撃つ..と見せかけて」という方法もあり、
とにかく相手の誤射を誘うことから。何度も言いますが、45度間隔に入らなければ「ほぼ安全」なので。
その45度以外の場所で左右にフラフラ動くことで、相手の誤射を誘いましょう
接近の場合、誤射した相手はジャンプやダッシュがあったとしても使えないので、とにかく攻めるといいでしょう。
もしうまく位置を取られて再装填されてしまった場合は、同じことを繰り返しましょう。

相手をジリジリと奥に動かしたい場合は「手前に移動し斜めに撃つ、と見せかけて下へ」
この方法で、相手はとにかく自分も下がって相手に角度を合わせようとするので、ステージ端へ追い込むのに使えます。
動かしたい方向へ攻めると見せかけて向きを変える。この方法で、うまくいけば相手の動きをコントロールして勝負を有利に運べることもあるでしょう、覚えておいて損はない。

②先行ジャンプ
先行ジャンプとはなんぞや。という人が多いかもしれない。
その名のとおり、先行でジャンプすることである。たとえば、次の画像を見ていただきたい。
sennkou
これから白と黒、二人の心情と合わせて見ていきましょう。
①黒:相手が近寄ってきている
①白:とりあえず近寄ろう

②黒:ボムで迎撃してやろう
②白:お、近寄ってきた。ボムだな

③黒:とりあえずこの位置なら回避できまい
③白:予想通り(影が見えていないけれど、この部分でもうジャンプ入力しています)

④と⑤、黒は白と相打ちを狙おうとしています。白はそのまま突っ込みます。
⑥白が着地、この時点で黒はまだ装填終わっていません。
⑦白が黒を倒す。

さて、なぜこうなったかの説明をしませう。
まず、この勝負は、③で白がボムを読んでジャンプ入力したところで決着しています。
だいたいこの場合、プレイしている人も直感で
「これはあたらないと知っていても威嚇で投げてくる距離だな」というのが分かると思います。
先行ジャンプはあえてそれを利用します。
ジャンプとボム、レーザー等一般武器の装填速度は同じです。
つまり、この場合「先にジャンプ入力していた白が勝ちました」

単純な話なのです。相手が「ここは攻撃してくる」と読めるポイントで、あえてジャンプしつつ、相手の方へ接近します。
着地したあと連打でもすれば、「わずかに早めにジャンプを出したこちらが先制攻撃できます」
これを先行ジャンプといいます。
先行ジャンプされた側は、着地位置を狙って相打ちをすることができないので、接近戦のコツを利用し相手の45度間隔に入らないように動きます。
初心者中級者や、突っ込んでくる相手によく多用できるので覚えておくといいでしょう。
※ただし、相手が攻撃速度アップを取っていて此方がない場合は使用できません。此方と相手が持っている、もしくは自分だけ持っている、という場合には使用可能です。 このページのトップへ
ここを読んでいらっしゃるということは、自分の動きに少し自信がついた方か、とりあえず読んでおこうという方か、見直しか間違って迷い込んだ人でしょう。
中級では初心者級より少し難しいテクを紹介したりします。

①半壁攻撃をしよう
半壁攻撃って何?って人はとりあえず次の画像を見ていただきたい。
hankabe
↑もうこの時点で気が付いた人もいるかもしれないが。そう。
①と②ではお互いの位置は変わらないが、②では自分の半分を壁に隠すことで、自分だけが攻撃できるようになっているのだ。この身体半分を壁で守りながら攻撃する方法を「半壁攻撃」と言います。
この状況は相手が移動しながらきたとしても「必ず自分の方が有利時間が長い」のだ。
レーザーバトラーでは、この半壁撃ちで相手を迎撃するスキルがあるかないかで、勝敗が決まることもあるほど。
サブ武器のウォールで壁を作り出し、半壁攻撃を使い、どんな場所でも自分を有利にする戦い方もある。

②釣りを会得しよう
魚を釣るわけではないです。とりあえず次の画像を見ていただきたい。
turi
①では、相手が先に半壁していてボムも届かない。こういうときは②のように、身体が壁から出ないように、左右に動いてみよう。もちろん意味のない動きではない。(エフェクトはダッシュだが、右左を交互に押す程度でOK)
すると相手は「いつ敵が壁から飛び出てくるか分からない」と考えてしまい、来ると思ったときに来なくて、誤射を引き起こしやすくなる。
自分がこの時は動くだけで、相手の前に出て射撃してはいけない。
もちろん攻撃をはずした相手は、壁に隠れて再装填を待つ。ここで動く
自分が今度は半壁を仕掛ける。すると今度は自分がさっきの相手の立場になり、此方が有利となるのだ。
このように相手の攻撃を誘う行為を「釣り」といいます。
釣りが成功すれば、相手は攻撃がしばらくできなくなり大きく不利になるので、強くなりたいなら覚えておきたいテクニックの一つ。

③攻撃できる方位を理解しよう
とりあえずいつもの如く、この画像を見ていただきたい。
houi
自分が全方位に一斉攻撃したと想定した時の攻撃図である。
「安置多いな」と思った人がいるであろう。そう、そのとおり。安置多い。かなり。
このゲームは45度間隔でしか向きを変えられないため、その間の角度にいればやられないのである。
逆に、相手もそれを知っていれば、お互い攻撃のできない状態になる。
houi2
つまりこういうことである。
①はなんの線もなく通常で、相手が近い状態だが、②のように攻撃ラインを見ると、よく分かる。
相手の攻撃できる方位にさえ入らなければ問題はないので、意識して相手の斜めあたりをキープしてみよう。 このページのトップへ

Information

Remilia・S
  • Author: Remilia・S
  • どうも、こんな辺鄙な所へ。
    基本的にレザバトを普通にプレイしているプレイヤーの一人です。
    対戦は気軽に申し込んでくれれば幸い。
    総計訪問回数
    現在閲覧人数:

Search

Calendar

11 « 2011/12 » 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31