レザバト講座

レーザーバトラーをプレイする上での上達のコツとかうp。 基本的な動作から狙うところらへんまで。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
グレネードは飛びすぎて当たりにくいし、正直グレネードいれるくらいならジャンプのほうがマシ、という人が多いだろう。
皆グレネードで相手を倒したことがある経験は少ないんじゃないかな?大人数ならともかく、1:1でグレネードに頼る、なんてことは滅多にないだろうと思う。
グレネードの使い方、それを知れば少しは面白くなってくると思ってこの記事を書いている。

①グレネードは直で当てようと思わない
そりゃ範囲広いし、投げとけば当たるんじゃない?みたいな考えで装備してる人のほうが多いと思う。
グレネードは確かに範囲が広く、遠くまで飛ぶ。皆一度は考えたことがあるんじゃないかな?
この爆風がボムみたいな扱いができたらいいのに、と。
使ったことがある人なら分かると思うが、グレネードの投げる距離はかなり微妙。
下の画像を見ていただきたい。
gurene
庭園で時々見るものです、相手がそこに篭り、ボムも当たらず、下がって投げれば逃げ、非常に難しい配置になっています。
①ボムを投げても当たらない
②前に投げても爆風が当たらない
③なら、下に投げてしまえばいいじゃないか
④自分の近くで爆発させることができる

そう、相手に投げなくても、後ろの壁に投げたり、斜めに投げることで、自由に位置を調節できる武器でもあるのだ。
もちろん、綺麗に投げれば壁の奥まで爆風を届かせることもできる。
この爆風を自分の意のままに操れるようになれば、かなり強い部類にあると言えるだろう。

さらに、相手が近くに復活してきたとき、近くの壁に投げて自分に帰ってくるようにすれば、プレイヤーのほとんどが嫌う「復活位置が近いせいで撃破される」という状態を、相手が逃げないと復活直後にやられるという状況を作り出すことができる。

グレネードは、爆発が遅い分、他の攻撃と重ね合わせることができる。
スポンサーサイト
このページのトップへ
n連ダッシュとは
その名の通りn連でダッシュすることです。(nの中には2~5の数値が入って呼ばれます)
ダッシュのほうがレーザーより早く再び攻撃できるようになるので、ジャンプと違ってダッシュで回避できれば有利というのを利用した戦法です。
要するに相手の周りをダッシュで横、縦、または斜めを組み込んだりしてかく乱する方法のこと
説明するには簡単だが、実際行うとなると意外な難しいポイントが出てくる

まず、ダッシュの距離調節。
ダッシュはダッシュ中に再び使用できるという特権があります。これを利用し、相手との距離を合わせます
最後までダッシュしていては、ダッシュが終わった直後に相手を狙うという行動ができませんから。
「自分がダッシュが終わった後に相手を即座に撃てる状態にする」だけの話です
当然相手も動きますので、難しいです。相手の動きを読むことが大切なのです。
さらに、ダッシュは1回はいいのですが、最後、攻撃する手前のときはダッシュを最後まで行わなくてはなりません
1回目のダッシュで、ある程度距離をとったりつめたりしなければいけません。場合によっては2,3回と繰り返しても問題ありません。

次に、「狙ってくる相手への対処」です。
最初は引っかかっても、2回目以降、自分がダッシュを持っているのがバレると、相手がダッシュを終えるまでレーザーを撃ってこない、釣られないという人が出てきます。
そういうプレイヤーは、何度もダッシュを仕掛けて、撃ってくるまでダッシュで誘ってみましょう。
どうせやられれば回数は5に戻り、つまく釣れれば最悪1:1、ダッシュがなくなったあとも抵抗できるので、できる限りつかっておくのがベストです。
どうしても無理だと思うなら、4,5回目のダッシュで逃げたほうが安心です。 このページのトップへ

最近忙しくてあまり編集とか検証機会がない
しかし眠い このページのトップへ

FC2Ad

Information

Remilia・S
  • Author: Remilia・S
  • どうも、こんな辺鄙な所へ。
    基本的にレザバトを普通にプレイしているプレイヤーの一人です。
    対戦は気軽に申し込んでくれれば幸い。
    総計訪問回数
    現在閲覧人数:

Search

Calendar

01 « 2012/02 » 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。